MENU

[…from the sky… ]仁淀川の向こうに夕陽が沈む

嗚呼絶景四国哉-21.浦戸湾

2014.11.13 

連載「ここに暮らすと決めました」第三回神の棲む家

Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on Pinterest

高知県仁淀川町の最深部。清流仁淀川に添って走る国道33号を、北にはいる。
霧に包まれたロング・アンド・ワインディング・ロードをゆっくりと走らせること、20分。
80代ばかり数人が暮らす集落に出た。

どの家も雨戸が閉じられ、生活道具は家の周囲にない。雑草は生い茂り、家を包む。
家々を横目に、歩くにも険しい急坂を登り切ると、広場に出る。
車を停め、すぐ近くの古民家に近寄っていくと、斜面には手の行き届いた茶畑があった。

圧縮仁淀02

茶畑の上には、築100年はたっていそうな古民家がある。
手前の小屋は、屋根は落ち、壁は崩れ、朽ち果てるのをまっているかのようだ。
家が、死んでいた。

ここからさらに、歩くのが精一杯の山道を50メートルほど、息を切らしながら、登る。
雑草の刈り取られた一角に、最近まで人が暮らしていた古民家がある。
ここも築100年以上は経っていそうな佇まいをしている。

家の中に入ると、まだ生活感は残る。
部屋の奥。襖を開けると、そこには、神棚。秋葉祭りで有名な秋葉神社の御札もある。
ここの住民が、地域の神様を大切に崇めてきたことが、このひと部屋からよく伝わってくる。
神様に守られた家には、空気の流れがあり、呼吸をしているような気がした。

まだ、家は生きていた。

圧縮仁淀03

僕たちの暮らす家はまだ、見つかっていない。

ここに暮らすと決めました 1234


Comments are closed.