MENU
愛媛県伊予市流のねこまんま。この削り節がかつおではなく、ムロアジというのがミソなのです。

伊予市郡中の味自慢。愛媛の味を支える、ムロアジ削り節の現場を訪ねてみた。

竹串に和紙を巻きます。内子町の和蝋燭屋 大森

《愛媛》内子町で200年続く職人技、和ろうそくのつくりかた[大森和蝋燭屋]

1780005_286950728121628_974241334_o

2015.2.24 

2月28日より「土佐の町家ひなまつり」開催

Share on FacebookTweet about this on Twitter

古い街並みが多く残る高知県東部にお雛様が並ぶ

毎年この時期に、高知県東部地域の6市町村が参加しておこなわれる【土佐の町家ひなまつり】。
もともと高知県東部地域に残る町家を見に来ていただくきっかけとして始められたもので、今年はこの春からスタートする【高知家 まるごと東部博】のプレイベントとして開催されるのです(『高知東海岸町並みネットワーク会議』主催)。

hinaomotehinaura

イベントタイトルに「土佐の町家」の名の通り、各市町村に点在する登録有形文化財や指定文化財の古民家、重要伝統的建造物群保存地区の趣のある家々が、主な会場となっています。会場では、明治・大正・昭和などの古い時代から大切にされているひな飾りやお人形さんをはじめ、保育園児や老人クラブの皆さんの作品なども展示されます。

田野町の豪商の屋敷が残る「岡御殿」

江戸時代の田野は、魚梁瀬天然材の木材の集積場として栄え、豪商が軒を並べる商業の盛んな土地でした。
中でも田野随一の豪商だったのが「岡」家で、今回のイベントではその屋敷がメイン会場になっています。
岡家の豪商ぶりがわかるその証拠は、岡家の屋号で展示資料にも見られる「一入」(ひとしお)。
この文字は、田野で飛び抜けた一人を意味する、と伝えられています。

建物は1844年に建築され、昭和60年に高知県有形文化財に指定されています。

oka1
DSC_6641
oka2

こちらは、岡御殿を間近にひかえた一画に位置する旧家西の岡邸。
長く製材や回船を業としていた豪商の家で、「脇本陣」として随勤の重臣などの宿泊に当てられたという家柄です。

1973355_287628201387214_901761945_o
1909327_287628668053834_1658149529_o

写真は全て、昨年のひなまつりの様子です。
今年はどんな装いで迎えてくれるのか楽しみです。

岡御殿では、3月1日(日)18:00~無料LIVEも開催されます。
LIVE

この他、各市町村会場で、食や文化も一緒に楽しめるイベントになっています。
町並み散策がてら、うららかな春の一日を過ごしに来ませんか?
開催日時や催事の内容は、市町村ごとに異なります。チラシを参考におでかけください。

土佐の町家ひなまつり

2月28日(土)〜3月3日(火)(田野町は2月14日〜、室戸市は2月15日〜3月15日まで)
主催:高知東海岸町並みネットワーク会議
室戸市吉良川町 吉良川まちなみ館/おまつり館/べっぴんさんの家

高知県室戸市吉良川町甲2331

北川村 中岡慎太郎館
高知県安芸郡北川村柏木140

奈半利町 高田屋
高知県安芸郡奈半利町乙1699

田野町 岡御殿
高知県安芸郡田野町2147-1

安田町 安田まちなみ交流館「和」
高知県安芸郡安田町大字安田1674−1

安芸市 杉本家客殿
高知県安芸市本町2-4-3

おすすめの記事


Comments are closed.