MENU
r1

嗚呼絶景四国哉-22.栗林公園・秋のライトアップ

八栗ケーブル

絵で旅する四国-13 あの寅さんも乗ったのかしらん。八栗寺ケーブルカー。

祖谷晩秋001

2014.11.24 

晩秋の祖谷

Share on FacebookTweet about this on Twitter

霜が降りた。

朝の気温は、2度。

奥深い山あいに集落が点在する秘境・祖谷。

晩秋の山里に、冬が来る。

そこまでやってきた厳しい季節を前に、集落の人々は、冬支度に追われていた。

祖谷追加13

 

年季の入った運搬車で、急峻な斜面を登る。

田んぼの脇にはお地蔵さんのような石碑がある。

祖谷晩秋003 祖谷晩秋004 祖谷晩秋005

祖谷晩秋002

聴くと、ご先祖様の墓だという。

祖谷地方、特に落合集落では、昔から家族が亡くなると、家の周囲に埋葬してきたという。

祖谷晩秋006

空には秋の雲。

祖谷晩秋007 祖谷晩秋008

この日は、天日で干していた稲と蕎麦を脱穀する日。

祖谷晩秋009

「寒い祖谷の米は美味しくないから、昔はもち米を作っていた。

でもこの頃は冬も暖かいから、普通の米も美味しくできるようになった。

そこで今年は、初めてあきたこまちを植えてみた。

きっとうまい米になったはずだ」。

祖谷晩秋010

秋雲の下、ススキがそよぐ。

どこか寂しげに、どこかはかなく・・・

祖谷晩秋011

落合集落に週3日だけ開く「なこちLIFE SHARE COTTAGE」では、10月中旬からお食事が頼めるようになった。

この日、頂いたのは、ジビエ料理のランチ。
イノシシのスペアリブと汁が、たまらなく美味かった。

祖谷晩秋012

川向かいの山あいに、焚き火の煙が浮かぶ。

その美しさに、店主の稲盛将彦さんは縁側にたち、カシャ。

祖谷晩秋013

稲盛さんとのお話にも花が咲き、気がつけば夕暮れ。

名残は惜しいが、晩秋の祖谷に手を振って別れた。

徳島県三好市東祖谷落合

おすすめの記事


Comments are closed.