MENU
fd9635f2e3214af0b2bc2e75bc5ad87b

黒潮の海が育む世界のスローフード「きびなごフィレ」

古山製パン

高知のくいしんぼ女子たち行きつけの「古山製パン」

IMG_20140515_213901

2014.6.20 

吉野川市山川町のグリーンピース、オレガノ炒め《風景をつくるごはん-6》

Share on FacebookTweet about this on Twitter

sanada

風景をつくるごはんの説明はこちら

春だけ、生のグリーンピース

IMG_20140515_213901

その季節に穫れる旬のものを食べる、というのが風景をつくるごはんの大原則です。とはいえ、一年中お店に出回っている野菜があるのも事実。しかし、生のグリーンピースは春にしかみかけません。ちょっと旬は過ぎてしまいましたが、グリーンピースを豪快にたべるごはんを紹介します。

ベースになっているのはイタリア料理です。イタリアでは、グリーンピース(缶詰や冷凍でも)をベーコンと炒めてオレガノで風味をつけて付け合わせなどにします。私は大好きなのでこれを主菜に。ベーコン無しでもいけます。豪快にスプーンですくって食べます。

【材料】

・グリーンピース(生)
・にんにく
・オレガノ
・塩
・コショウ
いたってシンプルです。

【作り方】

〈下ごしらえ〉
1.グリーンピースをさやから出して、塩揉みする。
2.海水くらいに塩を入れたお湯で柔らかくなるまでゆでる。(2分ほど)
3.そのまま冷めるまで置いておく。(こうするとシワにならない)
〈調理〉
4.フライパンにニンニクを入れ、炒める。
5.そこに水を切ったグリーンピースを入れ、塩、コショウ、オレガノで味を調える。
※ベーコンを入れる場合は、4と5の間に。

旬の新鮮なグリーンピース、豆ご飯などにした場合、ぱさぱさするのが嫌だ、という人もいて、食感の好みは分かれると思います。私もしっとり系のグリーンピースが好きなので、そうなるように調理しています。ほくほくが好きな人は1の塩揉みの行程を省略し、2の塩分も控えめにすると良いです。

おすすめの記事

風景をつくるごはん 1234567


Comments are closed.