MENU
DSC02609

《よさこい2015》競演場は、今年もがんばる!〜梅ノ辻競演場編〜

室戸

室戸夕景模様

shikokujyoshikai3

2015.8.20 

9月29日と30日は「四国女子会」ー高知県須崎市で9名のロールモデルとともに創りあげる、四国の新しいスタンダードのはじまり『四国女子会』研修プログラム

Share on FacebookTweet about this on Twitter

高知県須崎市には「すさき女子」というゆるやかな女性のコミュニティが少しずつ育まれています。
スタートはブロガー同士の飲み会。
その後、須崎市内の女性たちが次々と繋がっていき、現在ではイベントの開催など、その特性が変化してきました。
2014年1月には、まち歩き事業「すさき女子と歩く、須崎ちょこぶら60分」を行い、期間限定開催にも関わらず参加者は約100名。地元の若い女性がガイドをするスタイルが好評となり、クチコミで人気が広がりマスコミにも取り上げられました。
「すさき女子」の名はじわじわと県内に広がっていき、最近では「自分の町でもすさき女子のような活動をしたい」と訪れてくれる人もいるほど。
このコミュニティの性質は「ゆるやかでルールがない」
それぞれのメンバーが自立し、必要なときにお互いが助け合えるからこそ成り立つものです。
こういったコミュニティを四国内に生みだし、繋がりあえる仕組みを作るためのきっかけとして『四国女子会』は誕生しました。

『四国女子会』の特徴と内容

通常行われる研修と異なる点は、講師との密度と距離の近さ。
この部分にこだわりたいので参加者の募集人数は30名と、少数にしています。

1日目は、四国のキーパーソン女子8名と出逢う アウトプット&インプットのトークプログラム

8名のキーパーソン

8名のキーパーソン


自身の悩みや地域課題、やってみたいこと等に対してアドバイスやヒントをもらえる時間をたっぷり構えました。
普段はなかなか話せないことや行き詰っていることに対して、一歩先を行くロールモデルの様な存在の講師を各県2名ずつお呼びしています。
この方々は、これからの四国のキーパーソンとも言えます。

<香川県>
 地域イベントプロデューサー・桑村美奈子さん
 Base colors代表・大美光代さん

<愛媛県>
 Limone・山﨑知子さん
 ㈱ミーティンクラフト代表・池田広美さん

<徳島県>
 ㈱ハレとケデザイン舎代表・植本修子さん
 ㈲西岡産業・西岡さち子さん

<高知県>
 菊水酒造㈱・松岡良美さん
 JA津野山 営農センター「輝」・柿谷奈穂子さん

1次産業、商品開発、企画・開発、子育てと仕事、といった様々なカテゴリーについて相談できる形式となっています。

2日目は、移住した限界集落で新しいライフスタイルを表現し続ける女子に出逢うプログラム

ヒビノケイコさん

ヒビノケイコさん


今や高知県だけでなく全国から注目されているブロガー・ヒビノケイコさんによる講演となっています。
講演テーマは“自分軸をデザインし、更新し続ける生き方”
女性が経験するであろうライフイベントやキャリアと向き合い、どのように自分の軸を持ち生きていくか、といった内容を話していただく予定です。
(参照記事:「女性は時間軸で変化する」仕事・結婚・出産、柔軟にその時々の自分軸を作ろう「四国女子会」9月講演
普段生活をしていると、どうしても自分のことは後回しにしがちです。
周りも大事ですが、じゃあ自分自身はどうなのか?ということをじっくり見つめる時間を持ちたいと思っています。

『四国女子会』が目指すもの

この研修プログラムは、ただ話を聞くだけではなく、自分について考えるワークの時間も準備しています。
自分が抱えている悩みや課題を解決するための方法を具体的に考えます。
その上で、地域で行動を起こすためにどんなことから取り組めば良いのかを落とし込むところまでが研修のプログラムです。

簡単に説明すると、
キーパーソンの言葉を受け取る(インプット・アウトプット)→自分に落とし込む→地域のことに変換する→実現可能な行動を考える、というのが一連の流れです。

そして、自分がいる地域に帰ってから本番です。
計画通りにうまく進むかもしれないし、途中でくじけそうになることもあるかもしれません。
そんなときに助け合える、支え合える関係を研修が終わっても継続させていきます。
研修で出逢った講師、参加者との繋がりを保っていける=四国女子会のコミュニティも育むことを目標としています。

なぜこんなにもコミュニティと繋がりを重視するかと言うと、「すさき女子」というコミュニティは「駆け込み寺」でもあり「守ってくれる存在」でもあり「自分を受け入れてくれる場所」でもあります。
そんなコミュニティが「自分の心の拠り所」としてある・ない、では大きな違いです。
それが地域内だけではなく四国内にあることで、また違った変化を個々に生みだしていけるのではないか、と考えているからです。
そうした動きが、四国のスタンダードになればより楽しくおもしろい四国になっていく予感がしています。

『四国女子会』について

現在、参加者の方を募集中です。
shikokujyoshikai1

<日 時>9月29日(火)・30日(水)
2015年9月29日(火)13:30~17:30/18:00~ 懇親会
9月30日(水)9:30~12:00(1泊2日のスケジュールです)

※9月30日(水)13:30~は希望者のみ「すさき女子と歩く、須崎ちょこぶら60分」を行います。
(10名程度募集/所要時間1時間/参加料1,000円 ※お土産付き)

<対 象>四国在住の20代~30代位の女性
*地域ビジネス・起業をしたいと考えている方
*地域団体などで活動されている方
*地域おこし協力隊 など

<定 員>30名(申込者多数の場合は抽選)

<会 場>すさきまちかどギャラリー
〒785-0004 高知県須崎市青木町1-16

<参加料>4,000円
研修費 2,000円/懇親会費 2,000円
※宿泊費は自己負担でお願いいたします

<問合せ>shikokujyoshikai459@gmail.com
四国女子会 2015・須崎 公式サイト
四国女子会 FBイベントページ
申込用フォーム

<主 催>すさき女子
<共 催>経済産業局 四国経済産業局/一般社団法人 四国若者会議
<後 援>一般財団法人 地域活性化センター/須崎市/高知県

おすすめの記事


Comments are closed.