MENU

高知で雑貨と食、音楽のイベント「ヴィレッジ」開催

やなせたかし記念館 anpanman museum(香美市)

2013.5.15 

アムリタ|よしもとばなな

Share on FacebookTweet about this on Twitter

「どーん、とそこにいて、美しく圧倒的にぴかーっと光ってればいいの。
愛っていうのは、甘い言葉でもなくって、理想でもなくて、
そういう野生のあり方を言うの。」

わたしはその夏、四国に行きたかった。

からっと晴れた青空と、まぶしいほどの緑と圧倒的な自然が恋しいまま
ベトナム行きの飛行機に乗り「アムリタ(上)」を開いていた。

搭乗時間は約6時間。
上巻を読み終え、下巻に手をのばすと、なんと下巻だと思っていたものも上巻だった。
なぜだか2冊も上巻を買っていたのだ。

手持ち無沙汰なわたしは、ANAの機内誌「翼の王国」に手をのばした。
そこに掲載されていたのは、四万十川に勢いよく飛び込む川ガキたちの姿だった。
ますます四国への想いはつのった。

帰国してすぐに買った下巻のなかで、主人公たちが旅をした場所が高知だった。
そしてその月のおわりに神山・高知行きを友人に持ちかけられた。
神山ではいまもとてもお世話になっているひとたちに出会い、
(会わなかったら四国に住んでいないかもしれない)
高知では23年間生きてきてはじめての流れ星と天の川に出会い、
「今日も1日たのしかった」と眠りにつく1週間を過ごした。

その年の冬に、四国生活をすることになりはじめて地元を離れたのだった。
あれから早2年半。わたしはいまも四国にいる。

暮らしには、すぐ慣れる。
確かに、ごはんを食べて眠る場所が自分の居場所なのだ。それが基本だ。

(写真:高知県室戸市)


あらすじ
(上)妹の死。頭を打ち、失った私の記憶。弟に訪れる不思議なきざし。そして妹の恋人との恋―。流されそうになる出来事の中で、かつての自分を取り戻せないまま高知に旅をし、さらにはサイパンへ。旅の時間を過ごしながら「半分死んでいる」私はすべてをみつめ、全身で生きることを、幸福を、感じとっていく。懐かしく、いとおしい金色の物語。吉本ばななの記念碑的長編。

(下)サイパンの心地よい生活、そして霊的な体験。親しんだバイトとの別れ。新しいバイトの始まり。記憶は戻り、恋人は帰国し、弟は家を出る。そして新たな友人たちとの出会い―。生と死、出会いと別れ、幸福と孤独、その両極とその間で揺れ動く人々を、日々の瞬間瞬間にみつけるきらめきを、美しさを、力強く繊細に描き出した、懐かしく、いとおしい金色の物語。定本決定版。


Comments are closed.