MENU

紙ものまつり in 高知、今週末開催!

《香川》MIMOCAで「アーカイヴ」のこれからについて考える

2014.12.10 

mama!milk 冬の演奏会
Teatro Tempo《テアトロ・テンポ》

Share on FacebookTweet about this on Twitter

空気がとつぜん冷たくなり、冬の気配がぐっと深まると、ふと「ここではないどこか」に心が旅をしてしまうことはありませんか。そんな空想と艶やかな音楽が織りなす夢のような時間が、今年も高知にて。

2009年から6年連続、今年も高知市内の土佐漆喰の倉庫群をリノベーションした「蛸蔵」にて、京都の音楽家mama!milkによる冬の演奏会が12月14日(日)に開催される。

アコーディオンの生駒祐子と、コントラバスの清水恒輔が奏でる官能的で甘美な音楽は異国情緒に溢れ、その音楽のなかでは時間や場所を忘れてしまいそうになる。今年の演奏会はTeatro Tempo《時間劇場》という名が付けられており、今年神戸から香川に拠点を移した「ろうそく屋ホホ」による蝋燭の灯りに彩られた蛸蔵にて、mama!milkの美しい音楽と共に“時空を超えた空想旅行”を存分に楽しめる企画となっている。mama!milkは今年、新国立劇場で上演された白井晃演出によるW.シェイクスピア作「テンペスト」の舞台音楽も手がけており、その新境地も今回の楽しみのひとつ。

ふだんはカジュアルな格好で開けっぴろげにお酒を飲んでイベントを楽しんでいるイメージの高知人だが、毎年このmama!milkの演奏会にはほんのすこしおしゃれをして、背筋をピンと伸ばして参加したくなるような、特別な緊張感がある。もちろん、どんなスタイルで楽しむのもアリだが、クリスマス前の特別な夜を少し背伸びして楽しむのもおすすめ。当日会場では、terzo tempokikoni siskoによるビールやワインなどのアルコール類、おやつや軽食も用意される予定。

mm3

mama!milk 冬の演奏会 Teatro Tempo《テアトロ・テンポ》

2014年12月14日(日)
開場 18:00 / 開演 19:00
前売 3,000円 当日 3,500円 + 1 drink order

演 奏: mama!milk
蝋 燭ろうそく屋ホホ(当日はオリジナル蝋燭の販売もございます)

出 店:kikoni sisko、terzo tempo
(ビールやワインなどのアルコール類はもちろん、kikoni siskoによるおやつや軽食もご用意しております)

会 場蛸蔵 – Art Zone Warakoh soko-
〒780-0074 高知市南金田28
※駐車場はありませんので、電車やタクシーなど公共交通でおいでください。

チケット販売所
terzo tempo 080-6559-2013
den 0887-54-3568
美容室 balle 088-885-3711
kikoni sisko 088-822-1220

主催・お問い合わせ:terzo tempo  080-6559-2013 / terzo.tempo@hotmail.co.jp

mama!milk
生駒祐子(アコーディオン)、清水恒輔(コントラバス)によるデュオ。
1997年より世界各地の劇場、客船、廃墟、広場等で演奏を重ねながら、数々のアルバム作品や、舞台、映画、美術作品のサウンドトラックを発表。その異国情緒溢れる音楽は、クラシカルな香りもあいまって「旅へいざなう音楽」あるいは「Japanese New Exotica」とも評されている。
2013年にはアルバム「Duologue(デュオローグ)」を発表。多様な編成による演奏で発表された楽曲より珠玉の21曲を、アコーディオンとコントラバス、2つの楽器のみで新たに演奏、録音。mama!milkの音楽が最もシンプルに記録された本作は、彼らの新境地を見せている。
2014年初夏にはW.シェイクスピア作、白井晃演出舞台「テンペスト」の音楽担当として新国立劇場で演奏。
http://www.mamamilk.net


Comments are closed.