MENU
motoya

和泉流宗家による高知公演が決定!日本の伝統「狂言」を楽しもう

擬態語と感動詞が飛び交うパフォーマンス須崎「現代地方譚2」 現場レポート-1

《高知・須崎特集》擬態語と感動詞が飛び交うパフォーマンス
須崎「現代地方譚2」 現場レポート①

000

2014.10.14 

写真家 石川直樹さんのトークイベント開催!
11/18(tue)@高松

Share on FacebookTweet about this on Twitter

2013年冬から2014年夏にかけて『ヒマラヤ写真集シリーズ』(SLANT)を連続刊行してきた
写真家・石川直樹さんのトークイベントが開催されます。
シリーズ4作目となる最新作『Makalu』の舞台となった世界第5位の高峰マカルーをはじめ、
登頂してきたヒマラヤ山脈の風景写真を見ながらお話しいただきます。
世界の高峰を被写体にとらえた石川直樹さんの写真談義です。

●日時:2014年11月18日(火)  open:18:30- start:19:00-
●入場料:1,500円
●定員:60名
※席は予約順となります(自由席)。座席数に限りがございますので、定員に達した時点より、立ち見でのご案内となります。

●会場:RE・KURASU(リ・クラス)
〒760-0072 香川県高松市花園町2丁目1-8 森ビル3F
※イベント当日、駐車場はございません。公共交通機関や近隣の駐車場をご利用ください。
※JR「栗林駅」から徒歩約7分。ことでん「瓦町駅」から徒歩約10分、「花園駅」より徒歩7分。

申込方法

(1)WEBサイトのフォームにてお申し込みいただけます。
http://www.re-kurasu.com/
http://www.re-kurasu.com/re-kurasu/htm/contents.cgi?contents_id=124

(2)メールアドレスをご利用の際は、info@re-rekurasu.comまで。
タイトルを「石川直樹トークイベント」としていただき、
1.お名前(ふりがな) 2.住所 3.電話番号 4.連絡先Eメールアドレス、をご記入ください。
(3)電話番号:087-802-2348(11:00-18:00・木曜定休)

会場でヒマラヤ写真集シリーズ販売!(購入者対象にサイン会実施)

『Lhotse』『Qomolangma』『Manaslu』『Makalu』

石川直樹 写真家 プロフィール

1977年東京生まれ。2000年、Pole to Poleプロジェクトに参加して北極から南極を人力踏破。2001年、七大陸最高峰登頂を達成。人類学・民俗学にも関心を持ち、行為の経験としての移動・旅などをテーマに作品を発表。写真集に土門拳賞を受賞した『CORONA』(青土社)、著書に、開高健ノンフィクション賞を受賞した『最後の冒険家』(集英社)ほか多数。
http://www.straightree.com/

香川県高松市花園町2丁目1-8

おすすめの記事


Comments are closed.